2017年7月29日

絵画について 後編

絵画についての続きを書きます。みんな結構絵画に興味あるんですね。

私は絵画を高尚な目で見れないし知識も曖昧です。でも絵画だって現代人と似たような萌えポイントがあるしたくさん見てるうちに分からないなりに好みがはっきりしてきます。

「この絵めちゃくちゃ好き!描いた人誰やろ… 」って調べたら普通にラファエル前派の人!ってときも多い。だいたい発掘はTumblrです。たんぶら様様です。

さてさて続きのラファエル前派の画家を紹介していきます。

John William Waterhouse(ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス)

彼の絵を三言で表すとファンタジー!ピンク!美人!てところです。

多い、ピンクの服がとにかく多い。画像いっぱい貼っちゃってごめんなさい。パソコンで見るとスムーズなので是非。顔の美しさもさることながらピンクの似合う女の子の多いこと。この中に同一人物もいますが選べませんでした。タイトルは割愛させていただきます。

 

ピンクの服を着てなくても、見てください、この薔薇色の頬。こんなチークが欲しい。横顔もいいよね。

   

ジョンエバも描いてたオフィーリアちゃん。やっぱり綺麗。

ウォーターハウスさんは有名ファンタジーをよく絵画にしているので神話とかシェイクスピアなんかの絵が多いです。ザ・召喚みたいな絵も結構ある。是非調べてみてください。一番癖のない絵かも。

 

Sir Francis Bernard Dicksee(フランシス・バーナード・ディクシー)

一般的にはFrank Dickseeで通ってる模様。このへんの方になってくると日本語のwikipediaや作家まとめページが出てこなくなってきます。運命的にきゅーんとしてもっと知りたい!ってなっても英語しか出てこないのは不便ですね。

ディクシーさんの絵はとにかくシチュエーションがロマンチック&ドラマチック。ラファエル前派全体に言えることですが物語をもとにした絵が多いです。

“The Beautiful Lady Without Pity”はジョン・キーツの詩を元にした作品。少年マンガのボーイミーツガールといった感じですね。大コマで風がふんわりの。騎士のポーズが面白いです、すごく少年マンガの主人公っぽい笑。

これはロミオとジュリエット。文句なしにロマンチック!!!

ディクシーさんはザ王道ロマンチックも得意ですが、しっとり大人なロマンチック絵も素晴らしいです。

この作品のタイトルは”The Confession”。何を告白してるのかめちゃくちゃ気になる…。女の人の肌や服の白さと手がきれいでずっと見てられます。

これもシチュエーションが良い。語るまでもなく良いですね。

そしてこれにもときめいた!!こういう俺様な感じのやつもあるんですね。手の甲にキスするって紳士的な感じなのに、右手で女の人を引き寄せてるの、相当力強いですよこの人。女性の緑の服もかわいくてナイス。

Sir Lawrence Alma-Tadema(ローレンス・アルマ・タデマ)

あまりに長くなってきたので最後の紹介にしときます。名前がお気に入りのラファエル前派画家。

アルマタデマさんは古代都市ポンペイに留学してから古代に興味を持ってやたらエジプト、ギリシャ、ローマの絵を描くようになった人です。古代都市とラファエル前派の絵柄って合う…?みたいに思えるけどめっちゃ合います。ごゆるり感と鮮やかな色合いは見ると幸せになります。描かれる人々の関係性に注目して見ると楽しいかも。あと、まあまあタイトル芸。

一目惚れした一枚。タイトルは”Shy”です!照れとるがな!!!!!!私にとって絵画って、無表情かアルカイックスマイルみたいな表情しかしてないイメージがあったので衝撃的でした!

赤面してるし手で顔覆ってるし昔の人でもこういう仕草なんだなっていう感動(当たり前?)男性も壁から身を隠してのお花プレゼントで相当シャイ!可愛い二人最高。

“The favorite poet”。このくつろぎ具合、いいですね〜〜。お気に入りの詩人やのにまあまあ退屈そうに見える。いや、読んでる人のfavorite poetであって後ろの子は別にどうでもいいのかな。

この作品のタイトルは”Not at Home”なんだけど、どういう状況なんだろう。どういうおでかけ?

右の人どういう顔これ?っていう何かと気になる絵です。

紹介してるうちにわかってきたけど、この人の絵の魅力って「アテレコ出来そう感」にあると思った!何喋ってるか想像したくなるというか、関係性が親密やからナチュラルに喋ってそう。下3枚の人々の会話を想像しつつお楽しみください。

はい、長くなりましたが以上です。読んでくださってありがとうございます。

あなた好みの絵が見つかるといいですね!今回はラファエル前派だけしか紹介できなかったけど、近代の絵でも青とか緑っぽい色彩の何かが茂ってる絵がとても好きです。また話すときがくるかも…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です